ラティーナ|2018年10月号

34

来るべき「個の言葉」を探して〜折坂悠太『平成』インタビュー〜

文●安東嵩史 text by TAKAFUMI ANDO  折坂悠太の新作は、本人が「合奏」と呼ぶバンド編成でのサンバやスウィング、マヌーシュなどの影響も感じさせ…