ラティーナ|2018年5月号

37

[2018.05]カタルーニャから音楽シーンを動かす女性たち

文●海老原弘子 texto por HIROKO EBIHARA  私がシルビア・ペレス・クルスの存在を知ったのは、確か2000年代半ば頃だったと思う。当時のバルセロナでフラメンコを「女性だけ」でやる面白いグループが出てきた、と話題になり始めていたからだ。そのグループというのが、2011年までペレス・クルスが…

[2018.05]カタルーニャ音楽ディスクガイド

選・文●海老原弘子 texto por Hiroko Ebihara Judit Neddermann 『Nua』 (2018) ギター奏者パウ・フィゲラスがプロデュースを手掛けたサードアルバム。ハスキーな声がポルトガル語と合う「Vai Vai Vai」やウルグアイの作家エドゥアルド・ガレアーノのフレーズを用いた「21」から、アルゼンチン…