ラティーナ|2018年9月号

37

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 〜今聴くべき66枚〜①

2018年のワールド・ジャズの現在地を探るために、7人の世界各地の新しいジャズを日常的に掘っている方々と編集部で、今聴くべき66枚を選びました。  …

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 〜今聴くべき66枚〜②

●Dan Tepfer『Eleven Cages』(フランス・2017年)  クラシックや現代音楽と橋渡しを行えるようなジャズミュージシャンはこれまでも多く存在したが、…

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 〜今聴くべき66枚〜③

●Štěpánka Balcarová『Life and Happiness of Julian Tuwim』(チェコ・2017年)  Inner Spacesという好グループのリーダーとしても知られるチェ…

[2018.09]ペトロス・クランパニス 〜ギリシャ生まれの知性派ベーシスト

文●小室 敬幸 text by TAKAYUKI KOMURO  1981年にギリシャで生まれたペトロス・クランパニス。ニューヨークを拠点に活動する名うてのベーシストであ…