ラティーナ|2019年5月号

51

[2019.05]奈良タンゴ祭大和郡山から世界へ発信する「アルゼンチンタンゴ」

文●清川宏樹 text by HIROKI KIYOKAWA  この数年でじわじわと、しかし確実に知名度の向上しつつあるアルゼンチン音楽。その陰には、素晴らしい音楽を発信し続けるアーティストの存在はもちろん、CDの発売やアーティストの招聘、音楽にまつわる数多くの執筆など、アルゼンチン音楽を愛する多くの人…

[2019.05]これからアルゼンチン音楽を聴く人のための、私の5枚 12.清川宏…

清川宏樹 Hiroki Kiyokawa 兼業ライター・バンドネオン奏者/オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ出身。大阪在住。平日は顕微鏡を覗きつつ、合間を縫って演奏・執筆活動中。