マガジンのカバー画像

WEB版創刊! 2020年10月

21
このマガジンにはラティーナ2020年10月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円… もっと読む
¥950
運営しているクリエイター

#映画

[2020.10]映画評|『おもかげ』『82年生まれ、キム・ジヨン』『ウルフウォーカー』|女性の秘めた想いに寄り添いエールを贈る、 3つの国の3つのストーリーと、その社会的な視点。

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター)  スペイン映画『おもかげ』は、まず冒頭で描かれる1シーン1カットの約15分に圧倒され、いきなり半ば強引に物語の中へと引きずり込まれてしまう。  主人公エレナに電話が掛かる。離婚した元夫ラモンと旅行中の6歳の息子イバンからだ。最初はなごやかに話しているが、すぐにイバンを置いてその場を離れたラモンが戻らず、一人浜辺に取り残されていることを知る。エレナは場所も状況も分からないイバンをなだめながら問いかけ、ラモンの友人や警察に連絡

スキ
8