ラティーナ|2019年11月号

54

[2019.11]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第22回 アクアフォルテ(…

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA この曲を初めて聞いたのはアグスティン・マガルディの歌だったと思う。何ともわびしく、悲しい曲だと思ったも…

[2019.11]THE PIANO ERA 2019 出演者インタビュー#3 カ…

文●年吉聡太 text by SOTA TOSHIYOSHI  南アフリカ・ケープタウン出身のカイル・シェパード。彼の音楽にいま耳を傾ける理由として、写真や絵画をは…

[2019.11]静寂のための音楽 オラシオ HORACIO

オラシオ ● ライター、コラムニスト。基本的にゆるいエッセイ系です。11月はポーランド映画祭でトーク2つ出演します。 Febian Reza Pane『Sweet Radi…

[2019.11]静寂のための音楽 松岡 隆史(Doggie Boogie)TAK…

松岡 隆史 ● 微分音ピアノ演奏家? アブサン研究家? 東高円寺でドギー・ブギーというバー・レストランやってま~す。 Hopkinson Smith『Vieux Gaulti…

[2019.11]オルヂナリウス 音楽大国ブラジルが生んだ実力派ヴォーカルグループ 間もな…

文●宮ヶ迫ナンシー理沙 text by NANCI LISSA MIYAGASAKO  数年前のこと。先見の明が評判のジョイスに、リオの最近の面白いアーティストについて尋ね…

[2019.11]静寂のための音楽 Jongaleiro

Jongaleiro●音楽ライター、DJ(Musica Loco Mundo) Mitar Subotic, Goran Vejvoda『T…

[2019.11]静寂のための音楽 渡辺 亨 TORU WATANABE

渡辺 亨 ● 文筆業、選曲家、DJ。“静寂”が鮮烈だと初めて感じた作品は、ローラ・ニーロ『ニューヨーク・テンダベリー』。 June Tabor『Ashore』(201…

[2019.11]静寂のための音楽 フアン・フェルミン・フェラリス JUAN FE…

フアン・フェルミン・フェラリス (JUAN FERMIN FERRARIS)● アルゼンチンのラ・プラタのバンド、クリバスのピアノ/ヴォーカル/作曲担当。クリバスとし…

[2019.11]静寂のための音楽 齊藤 外志雄 TOSHIO SAITO

齊藤 外志雄 ● 東京中野の新井薬師にあるジャズ喫茶ロンパーチッチ店主。中古レコードを毎日買っています。 Richard Beirach『H…

[2019.11]─ 対談 ─ 昨年アルゼンチンツアーが大盛況! コトリンゴ × アルゼンチ…

通訳・文●坂本 悠 /写真●三田村 亮  アルゼンチン伝統音楽をベースにジャズ、クラシック、ロック、ブラジル音楽などをミックスし、洗練されたコン…