ラティーナ|2020年1月号

92

[2020.01]2019年ベストアルバム(笹倉暢之)

●笹倉暢之 プロフィール●大学院生 / 哲学を専攻。ディスクユニオン新宿ラテン・ブラジル館でたまにアルバイト勤務。アルゼンチン音楽が好き。

[2020.01]2019年ベストアルバム(笹倉暢之)

●笹倉暢之 プロフィール●大学院生 / 哲学を専攻。ディスクユニオン新宿ラテン・ブラジル館でたまにアルバイト勤務。アルゼンチン音楽が好き。

100

[2020.01]角銅真実インタビュー(前編) 音楽の魔法がこぼれ落ちる 歌のアルバム『oa…

文●土佐有明 text by TOSA ARIAKE  くるりのサポートでも活躍するドラマーの石若駿、FINAL SPANK HAPPY/CRCK/LCKS/DC/PRGの小田朋美、King Gnuの…

[2020.01]映画評 『家族を想うとき』『ロング・ショット 僕と彼女のありえな…

文●圷 滋夫  イギリスが世界に誇る名匠ケン・ローチ監督は怒っている。16年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した前作『わたしは、ダニエル・…

[2020.01]「昔の人が積み重ねてきたことって深すぎます」 〜箏奏者・杉浦充に…

文●松村 洋 text by HIROSHI MATSUMURA  世界各地のさまざまな音楽を聴くが、日本の〝純邦楽〟とはなじみが薄いというかたが、本誌読者にはけっこう…

[2020.01]ニコラス・エンリッチ(キンテート・グランデ バンドネオン奏者) インタビ…

文● 清川宏樹 text by HIROKI KIYOKAWA  タンゴファンにとって年に1度の大きな楽しみである民音タンゴシリーズも、本年で51回目を迎える。毎年アル…

[2020.01]ストウ・タンゴ・フェスティバル2019 レポート

文●仁詩 text by HITOSHI  バンドネオン奏者の仁詩です。今年の8月6日~8月18日までの約2週間、アメリカ・バーモント州のストウ市で行われた、スト…

[2020.01]仁詩 タンゴの枠を飛び越え、 多彩な表現で魅せるバンドネオン奏者

文●渡部晋也 text by SHINYA WATABE  楽器の中にはジャンルと対にされやすいものがある。ドイツ生まれの蛇腹を持った楽器、バンドネオンなどはその…

[2020.01]対談 ジョアナ・ケイロス×角銅真実 日本とブラジルのふたりの才女の出会い

文●編集部 text by LATINA  繊細でありながら芯の強さを感じる点で共通点のあるブラジルのジョアナ・ケイロスと日本の角銅真実。  ジョアナ・ケイ…

[2020.01]フィッシャーマンズ・ソング 〜コーンウォールから愛をこめて〜

文●圷 滋夫 text by SHIGEO AKUTSU  イギリス映画には、労働者階級の名もなき人々が力を合わせ、皆で奮闘しながら1つの目標を達成するという、お家…