Web版 2021年2月

23
[2021.02]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑦】フィリピンのスラムから生まれた歌
─フレディー・アギラとの出会い─

[2021.02]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑦】フィリピンのスラムから生まれた歌 ─フレディー・アギラとの出会い─

文●加藤登紀子 1978年9月、私は「アナック ─ 息子」をシングルリリースしました。 「母の胸に抱かれて お前は生まれた よろこびの朝を運んで 寝顔を見つめるだけで 嬉しさが溢れる 父はお前の明日を祈った」(加藤登紀子訳詞) この歌は、フィリピンのフレディー・アギラが作詞作曲した歌で、フィリピンのタガログ語で作詞されたはじめての大ヒット曲と言われています。 当時のマルコス政権のもと、マルコス夫人の主催したコンクールで優勝を逃し2位だったけど、人気が出たというのです。 この

11