世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.10] 映画評 『ジャズ・ロフト』『MINAMATA ─ ミナマタ ─』
+4

[2021.10] 映画評 『ジャズ・ロフト』『MINAMATA ─ ミナマタ ─』

カメラマンとして世界の頂点に立ったユージーン・スミスの、 その後の人生の流転を2本の映画が鮮やかに描き出す。 ※こちらの記事は、10/13からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 文●圷 滋夫(映画・音楽ライター) Self-portrait, W. Eugene Smith, © 1959 The Heirs of W. Eugene Smith. ©1999,2015 The Heirs of W. Eugene Smith.

スキ
9
[2021.09]映画評 『スイング・ステート』 『コレクティブ 国家の嘘』
+6

[2021.09]映画評 『スイング・ステート』 『コレクティブ 国家の嘘』

衆院選を控え、ちょうどいいタイミングで公開される 選挙と政治とメディアの関係に鋭く斬り込んだ傑作2本! ※こちらの記事は、9/22からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  ほとんど広報活動に見える自民党総裁選を大手メディアが無批判に垂れ流し(また電通が裏にいるのか!?)、野党にとってデメリットが大きくなる一方のこの狂騒が終われば、その後は衆院選だ。コロナ禍〜五輪/パラ五輪開催の流れの中、負う必要など

スキ
6
[2021.08]映画評『ドライブ・マイ・カー』
+10

[2021.08]映画評『ドライブ・マイ・カー』

カンヌ脚本賞を受賞した濱口竜介監督の集大成にして最新型。 二つの孤独な魂がつかんだ真実の言葉の先に見たものは? ※こちらの記事は、8/25からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 文●圷 滋夫(あくつしげお / 映画・音楽ライター) 8月20日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! ©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 https://dmc.bitters.co.jp  濱口竜介監督は乗り物が好きだ。キャリ

スキ
16
[2021.07]映画評『17歳の瞳に映る世界』『プロミシング・ヤング・ウーマン』

[2021.07]映画評『17歳の瞳に映る世界』『プロミシング・ヤング・ウーマン』

  女性の生きづらさや尊厳を正反対の表現で描いて、   世界が喝采を贈ったまさに今観るべき二本の映画。 文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター) ※こちらの記事は、7/15からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  奇しくも同じ日(先行上映を除く)に公開初日を迎えるこの二本の映画は、鑑賞後には全く正反対の印象を残しながらも、突き詰めて考えるとまるでコインの表裏のように一つのテーマが浮かび上がってくる。それは実際には男性が圧倒的に

スキ
6
[2021.05]映画評『ファーザー』『やすらぎの森』

[2021.05]映画評『ファーザー』『やすらぎの森』

『ファーザー』『やすらぎの森』  “認知症”を疑似体験するめくるめく映像の衝撃と  “老い”を巡る人生の機微と深淵に心を震わせる。 文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター) ※こちらの記事は、5/12からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  文明や医学が進みほとんどの物が金銭と引き換えに得られる(もちろん例外はある)現在、急激に高齢化が進行する社会の中でどんな大富豪でさえも避けて通れないのが “老い” の問題だ。これ迄の長い映

スキ
16
[2021.04]『ブータン 山の教室』
『サンドラの小さな家』
『ハウス・イン・ザ・フィールズ』
─ 人と人を結ぶ歌がある。音楽が重要な役割を果たす、ブータン、アイルランド、モロッコの映画に心打たれる!

[2021.04]『ブータン 山の教室』 『サンドラの小さな家』 『ハウス・イン・ザ・フィールズ』 ─ 人と人を結ぶ歌がある。音楽が重要な役割を果たす、ブータン、アイルランド、モロッコの映画に心打たれる!

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター) ※こちらの記事は、4/14からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 『ブータン 山の教室』 ※4月3日より、岩波ホール他にて全国順次公開! ©︎2019 ALL RIGHTS RESERVED  『ブータン 山の教室』は、タイトルが示すように “世界で一番幸せな国” として知られるブータンが舞台だ。しかし主人公のやる気のない教員ウゲンが暮らす首都ティンプーと、彼が赴任することになった標高

スキ
13
[2021.03]『ノマドランド』『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』『まともじゃないのは君も一緒』─ 世界がいまだに先の見えない不安に覆われた状況の中、未来の生き方を考えるヒントとなる3本の映画とは?

[2021.03]『ノマドランド』『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』『まともじゃないのは君も一緒』─ 世界がいまだに先の見えない不安に覆われた状況の中、未来の生き方を考えるヒントとなる3本の映画とは?

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター) ※こちらの記事は、3/23からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

スキ
11