世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.10]【シリーズ:ブラジル音楽の新しい才能⑤】 マジュール(Majur)

[2021.10]【シリーズ:ブラジル音楽の新しい才能⑤】 マジュール(Majur)

 e-magazine LATINA によるブラジルのポピュラー音楽の中で頭角を現し始めた新しい才能を紹介するシリーズです。レポートは、ブラジル人音楽ジャーナリストのヂエゴ・ムニス。今回は、ブラジルの音楽的表象性を歌う2人の歌手を紹介します。 ※こちらの記事は、10/27からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 文●ヂエゴ・ムニス(Diego Muniz)  2015年以降、リニケル(Liniker)やパブロ・ヴィタール(Pabllo

スキ
2
[2018.06]ブラジルフィールドワーク #01 サンパウロ
LGBTプライドパレード

[2018.06]ブラジルフィールドワーク #01 サンパウロ LGBTプライドパレード

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO ブラジルのどんなところが好き?  そう聞かれたら、答えたい。  ごちゃまぜの多様性。それから、どこか突き抜けた明るさ、たくましさも。  そんな愛するブラジルの「らしさ」がいちばん凝縮しているのはこれ、とひそかに思う祭りがある。喜び、そして深い憤りや哀しみすらも明るさの高みに昇華する、多様性を祝う祭典だ。その日がまたそろそろやってくる。 レインボーカラーに染め上がる街  サンパウロ

[2018.03]LGBT × BRASIL & CHILE 〜ブラジルのクィア・アーティスト

[2018.03]LGBT × BRASIL & CHILE 〜ブラジルのクィア・アーティスト

文●宮下ケレコン えりか texto por ERIKA MIYASHITA KELECOM 近年、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、それぞれの英語の頭文字からとったセクシャルマイノリティの総称)のアーティストによる表現が盛んになってきました。中南米での動きも活発です。今回は、ブラジルのクィア・アーティストたちの音楽シーンと、LGBTをテーマにしたブラジルとチリの映画を紹介します。 ◆

[2018.03]LGBT × BRASIL & CHILE 〜ブラジルのクィア・アーティスト・ムーブメントを知るための10枚

[2018.03]LGBT × BRASIL & CHILE 〜ブラジルのクィア・アーティスト・ムーブメントを知るための10枚

文●宮下ケレコン えりか texto por ERIKA MIYASHITA KELECOM LINIKER『Remonta』(2016年) リニケルを一躍有名にした②「Zero」に、⑤「Tua」や③「Caeu」などリニケルを知るために欠かせないナンバーがずらり13曲。デビュー作でありながら完成度が高く、聞き応え十分の一枚。音楽面でもLGBTに関する発言においても刺激を受ける存在だというトゥリッパ・ルイスやターシア・ヘイス、アス・バイーアス・イ・ア・コジーニャ・ミネイラが

[2018.03]LGBT × BRASIL & CHILE 〜『彼の見つめる先に』劇場公開直前、監督インタビュー

[2018.03]LGBT × BRASIL & CHILE 〜『彼の見つめる先に』劇場公開直前、監督インタビュー

文●宮下ケレコン えりか texto por ERIKA MIYASHITA KELECOM  映画『彼の見つめる先に』が、遂に日本でも劇場公開される。2014年に制作された本作は、第64回ベルリン国際映画祭で「国際批評家連盟賞」と「テディ賞」を受賞。日本では、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で「脚本賞」を受賞した。  目の見えない主人公レオと幼なじみのジョヴァンナ、転校生のガブリエルの3人が一緒に過ごす、きらきらとしたティーンエージャーの日々が描かれる。来月の公

[2018.03]LGBT × BRASIL & CHILE 〜『ナチュラル・ウーマン』

[2018.03]LGBT × BRASIL & CHILE 〜『ナチュラル・ウーマン』

文●圷 滋夫 texto por SHIGEO AKUTSU  チリのセバスティアン・レリオ監督の最新作「ナチュラル・ウーマン」は、ウェイトレスをしながらクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナが、恋人の死をきっかけにトラブルに巻き込まれ様々な困難に立ち向かう姿を、南米らしいマジック・リアリズム的手法を交えながら描いている。目撃者のいない事故死への嫌疑、トランスジェンダーに対する偏見と差別、そしてその存在そのものの社会的な脆さなどが浮き彫りになるが、最愛の人を失った悲