世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.01]2017年ベストアルバム(山口詩織)

●山口詩織 ライター / DJ / リスボンのロックシーンにどっぷり浸かったライター兼DJ。ポルトガル音楽の多様性を紹介すべく活動中。

[2020.04]音楽の未来 世界は音楽でできている Vol.2 ヨーロッパ

月刊ラティーナの休刊前最終号の1つ前の号にあたる本号では、改めて、世界の音楽の現在を知り、音楽の未来について考えられたらと思い、様々な国や地域…

[2020.01]2019年ベストアルバム(山口詩織)

●山口詩織 プロフィール●ライター・DJ / リスボンの音楽シーンにどっぷり浸かったライター兼DJ。ポルトガル音楽の多様性を紹介すべく活動中…

2018年ベストアルバム(山口詩織)

●山口詩織 ●ライター・DJ / リスボンの音楽シーンにどっぷり浸かったライター兼DJ。ポルトガル音楽の多様性を紹介すべく活動中。

『ポルトの恋人たち 時の記憶』 舩橋 淳監督インタビュー

文●山口詩織 text by SHIORI YAMAGUCHI  18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に時代を越えて繰り広げられる、愛と復讐の物語。日本人監督の手に…

世界のヒップホップ ストリートミュージックは鳴り止まない④ 〜ヨーロッパ〜

●ドイツ 文●宮本剛志 text by TAKESHI MIYAMOTO  クラブミュージックの国として知られるドイツだが、ヒップホップも盛んである。  ドイツのヒッ…

特集:プレイリスト時代の音楽 ─ストリーミングが変える音楽の現在過去未来─ 廃盤/レ…

デジタル・リリースの作品は、どうしても紙媒体で紹介される機会が少なくなってしまいます。この機会に、CD/レコードでは廃盤/レア盤だけれど、今デジタ…

ポルトガルの鬼才、ブルーノ・ペルナーダス

文●山口詩織  ときにポップ、ときにジャズ、あるときはエキゾチック、フォーク、クラシック……。世界旅行帰りのレコードコレクターのスーツケースを…

フェスティバル・ボンス・ソンス「Viver a aldeia(田舎に生きる)」をテーマに掲げる、…

文と写真●山口詩織  リスボンから北東、内陸部へ特急電車で2時間。イエズス会の修道院で有名な街トマールからさらに5㎞先の村、セン・ソルドス。12世…