世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.05]特集:中南米を旅する 徒然南米行脚の思い出 小松亮太

[2018.05]特集:中南米を旅する 徒然南米行脚の思い出 小松亮太

 ブエノスアイレスへの豊富な留学経験をもつ若いバンドネオン奏者が、「日本人と韓国人と中国人は同じ言語を話しているのだと思っていた」と現地の友人に打ち明けられて驚いたと言っていた。まああれだけ多くの国々のすべてでスペイン語が通じてしまう環境下(ブラジルでもスペイン語はほとんど通じる)にいる人には、東洋のたった3ヶ国の人たちが拙い英語でコミュニケーションをとっていることは確かに想像し難いのだろうが、西村秀人さんによると、そもそも彼らは近隣諸国に対してさえ明るくはないらしい。大半の