世界の音楽情報誌「ラティーナ」

【追悼】[1991.10]今も変わらぬ貫禄のステージを見せつけた "エル・マエストロ" ジョニー・パチェーコ

【追悼】[1991.10]今も変わらぬ貫禄のステージを見せつけた "エル・マエストロ" ジョニー・パチェーコ

文●山口元一 texto por GEN-ICHI YAMAGUCHI サルサのレジェンド、ジョニー・パチェーコが2021年2月15日、85歳で亡くなりました。 以下の記事は、月刊ラティーナ1991年10月号に掲載されたものです。追悼の意を込め、ここに再掲致します。  7月23日、東京渋谷のクラブ・クアトロ。“エル・マエストロ” ジョニー・パチェーコの自己の楽団としては初めての来日公演である。が、薄暗いフロア内は多数の椅子とテーブルが並べられているにもかかわらず空間が目立

スキ
9
[2019.01]ラ・ハグア コロンビア音楽文化の底力を示した公演

[2019.01]ラ・ハグア コロンビア音楽文化の底力を示した公演

文●山口元一 text by GEN'ICHI YAMAGUCHI  コロンビア太平洋岸最大の音楽祭・ペトロニオ・アルバレス・フェスティバル、自由演奏部門2015年度チャンピオンという経歴を誇る楽団。日本公演のステージで紹介するための歌詞の翻訳を担当した縁で事前にオリジナル中心の音源はじっくり聞いたのだが、どうもピンとくるものがない。音楽に関しては印象の薄いポパヤン出身ということもあって、どんなものだろうね、と半信半疑でステージを観たのだが、予想を完全に裏切る素晴らしさだっ