世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.05]ポスト・コロナの日を待ちわびて|当たり前のように音楽や映画や舞台に接することが出来なくなり、余計にその大切さを実感しているアートを愛する者たちへ

[2020.05]ポスト・コロナの日を待ちわびて|当たり前のように音楽や映画や舞台に接することが出来なくなり、余計にその大切さを実感しているアートを愛する者たちへ

文●圷 滋夫  text by SHIGEO AKUTSU  コロナ禍により社会全体が全く先の見通せない状況の中、殆どの新作は公開予定が変更になる可能性があるが、ここでは3月末〜6月に公開予定で延期になった作品も含め、いつもより多く紹介しよう。3ヶ月分の中から厳選した作品なので、いずれも観応え充分の傑作ばかりだ。 『はちどり』①はキム・ボラ監督の自伝的初長編作で、中二の孤独な少女の揺れ動く心を見事に映し出す。ウニは家庭や学校、社会の中で様々な不条理と遭遇するが、塾で初め