世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.12]特集 「視る」を楽しむ 美しい!面白い!ビジュアルから好きになる音楽(ワールドミュージック)

[2017.12]特集 「視る」を楽しむ 美しい!面白い!ビジュアルから好きになる音楽(ワールドミュージック)

あなたが「おもしろい」と思うアルバムジャケットはなんですか?あなたが「おもしろい」と思うミュージックビデオはなんですか? 石田昌隆 フォトグラファー 著書は『ソウル・フラワー・ユニオン 解き放つ唄の轍』『オルタナティヴ・ミュージック』『黒いグルーヴ』。 Dudu Tassa & the Kuwaitis『Dudu Tassa & the Kuwaitis』 (2011 | イスラエル) 今年最大の驚きは、オーセンティックなアラブ音楽が反映されている音楽は、エジプトでもイ

スキ
1
[2018.05]コンゴ出身ベルギー在住ラッパー、バロジ -アフロポップの最注目アーティストが来日-

[2018.05]コンゴ出身ベルギー在住ラッパー、バロジ -アフロポップの最注目アーティストが来日-

文と写真●石田昌隆 text by MASATAKA ISHIDA  バロジが、新作『137・アヴニュ・カニャマ』をひっさげて初来日公演を行なった。  3月22日、代官山、晴れたら空に豆まいて。3月24日、アンスティチュ・フランセ。ベテラン・ギタリスト、ディジー・マンジェク(Dizzy Mandjeku)も来日した。  バロジのパフォーマンスは最高にカッコ良かったし、ディジー・マンジェクはT・ボーン・ウォーカーみたいにギターを頭の後ろで抱えてルンバ・コンゴレース風味満

スキ
1
[2020.04]音楽の未来 世界は音楽でできている vol.4 アジア

[2020.04]音楽の未来 世界は音楽でできている vol.4 アジア

月刊ラティーナの休刊前最終号の1つ前の号にあたる本号では、改めて、世界の音楽の現在を知り、音楽の未来について考えられたらと思い、様々な国や地域の音楽について、執筆いただきました。こんな時だから、音楽の魅力を再確認したい。 副題「世界は音楽でできている」は、2007年に刊行された「世界は音楽でできている」(CDジャーナル刊、北中正和監修)からお借りしています。取り上げる地域の区分けをする際にも、同書を参考にさせていただきました。しかしながら、こちらの準備不足ゆえ、今回取り上げ

スキ
1
[2019.04]平成のワールドミュージック ⑤平成21年〜平成25年

[2019.04]平成のワールドミュージック ⑤平成21年〜平成25年

●平成21年(2009年)◆砂漠のブルースの絶対王者『ティナリウェン/イミディワン~アフリカの仲間たち』

[2019.12]Peter Barakan's LIVE MAGIC! 2019
ピーター・バラカンズ・ライヴ・マジック2019

[2019.12]Peter Barakan's LIVE MAGIC! 2019 ピーター・バラカンズ・ライヴ・マジック2019

写真と文●石田昌隆 photos & text by MASATAKA ISHIDA  「ピーター・バラカンズ・ライヴ・マジック2019」が2日間、恵比寿ガーデンプレイスの、ザ・ガーデンホール、ザ・ガーデンルーム、ラウンジという3か所のステージで開催された。すでに毎年恒例のイベントとなっていて、今年で6回め。出演者のみならず、フード・マジックと呼ばれているスペースの飲食店まですべて、ピーター・バラカンさんの眼鏡にかなったもので構成されている。  このイベントには毎年、興

[2019.04]平成のワールドミュージック ④平成16年〜平成20年

[2019.04]平成のワールドミュージック ④平成16年〜平成20年

●平成16年(2004年) ◆中華圏全体に愛されるジェイ・チョウの最高傑作『ジェイ・チョウ/七里香』  平成を代表する中華圏のアーティストとして多くの人がジェイ・チョウを挙げるだろう。それほど圧倒的な力を持つ存在。例えば、彼の曲が学校の教科書に載っているとか、中国で30社以上のCMに出ているとか、中国中央電視台の大晦日特番で彼が出た瞬間視聴率が95.6%だった……など枚挙に暇がない。映画の世界でも俳優・監督などで大活躍。が、なんといってもジェイの成功は音楽に始まる。  2

スキ
1
[2019.04]平成のワールドミュージック ③平成11年〜平成15年

[2019.04]平成のワールドミュージック ③平成11年〜平成15年

●平成11年(1999年) ◆ヌスラットの生涯を凝縮したような遺作『ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン/スワン・ソング』  97年5月4日に地元パキスタンで収録された2枚組のライヴ盤。結果的にこれが、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンのファイナル・パフォーマンスとなり遺作となった。ヌスラットは、元々はスーフィズムを広めるための音楽だったカッワーリーを独自の意識で発展させていた。この日は、前半はハーモニウムとタブラを使うオーセンティックな編成のカッワーリーを演奏し、後半になると西

[2020.02]“20年代”はこの国の音楽に注目したい(前編)

[2020.02]“20年代”はこの国の音楽に注目したい(前編)

世界の音楽にアンテナを伸ばしている本誌の執筆陣に、“20年代”が始まるこれからの時代に注目したい国や地域を教えてもらいました。(執筆者名五十音順表示) イスラエル 文●石田昌隆 プロフィール●フォトグラファー / 著書は『ソウル・フラワー・ユニオン 解き放つ唄の轍』『オルタナティヴ・ミュージック』『黒いグルーヴ』『Jamaica 1982』『1989 If You Love Somebody Set Them free ベルリンの壁が崩壊してジプシーの歌が聴こえてきた』。

スキ
2
[2019.04]平成のワールドミュージック ②平成6年〜平成10年

[2019.04]平成のワールドミュージック ②平成6年〜平成10年

●平成6年(1994年) ◆弾ける明るさに心洗われる最高傑作『りんけんバンド/ゴンゴン』  照屋林賢率いるりんけんバンドは、沖縄の言葉と伝統的な音楽性をベースにした現代的なサウンドで、多くの人に沖縄音楽のすばらしさを教えてくれた。佳曲は数多いが、アルバムとしては林賢の作曲、サウンド・クリエイトの力量がフルに発揮されたこのアルバムが最高傑作だろう。ジャケットに作品が使われている版画家の名嘉睦稔が作詞した「海とぅ島」や桑江良奎作詞の「あやふに」などから、沖縄の大自然が目の前いっ

スキ
1
[2018.12]スター的な人気を誇るデレブ・デッサレン率いるエチオ・ファンク・バンド─ デレブ・ジ・アンバサダー

[2018.12]スター的な人気を誇るデレブ・デッサレン率いるエチオ・ファンク・バンド─ デレブ・ジ・アンバサダー

文と写真●石田昌隆 text & photos by MASATAKA ISHIDA  オーストラリアを拠点に、60〜70年代のエチオピア音楽を現代に蘇らせているデレブ・デッサレン(Dereb Desalegn※以前はDereb Zenebeという名で活動していた)のバンド、デレブ・ジ・アンバサダーが、新作『エチオピア』を携えて来日した。ぼくは10月16日にデレブにインタビューを行ない、10月20日の六本木スーパーデラックスと、翌21日の「Peter Barakan's