世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.04]レオナルド・ブラーボ 近藤久美子 『Tango』

[2020.04]レオナルド・ブラーボ 近藤久美子 『Tango』

文●徳永伸一郎 text by SHIN-ICHIRO TOKUNAGA  アルゼンチン・ロサリオ出身のギタリスト、レオナルド・ブラーボの演奏を最初に聴いたのは、クラシックギター専門誌を発行する現代ギター社が主催するコンサートだった。プログラムはすべてクラシック。見事なテクニックを備えた一流のクラシックギタリストとして知ったのだ。その後、タンゴ・シーンでも大活躍であることは、本誌読者もよく御存知だろう。作編曲家としても活動しており、自作品の他、編曲者としてタンゴ名曲集、キケ