世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.07]STEFANO BOLLANI 〜濱瀬元彦が傑作『Que Bom…

インタビュー●濱瀬元彦 interview by MOTOHIKO HAMASE  ジャズ・ベーシストで、『チャーリー・ パーカーの技法 インプロヴィゼーションの構造分析』…

[2017.03]レアンドロ・カブラルのクラシカルなカーニヴァル

サンバやイジェシャーのようなパーカッショナルなリズムに最小限のアレンジを施す……。最新作では意を突くアプローチで“沈黙”を切り取って魅せたレア…

[2019.06]QUARTABÊ 巨匠たちの作品を遊び心満載に再解釈する 〈4年…

文●宮ヶ迫ナンシー理沙 text by NANCI LISSA MIYAGASAKO  ブラジル新世代の音楽家のなかでもその音楽性が評価され注目される女流演奏家ジョアナ・ケ…

[2019.01]風を奏でる音楽家のダイアリー #17 インストゥルメンタル音楽の…

文●ジョアナ・ケイロス   12月の半ばにさしかかったいま、この文章を書いているところ。次号はもう年が明けてしまうから、みなさん、よき2019年をお…

[2019.03]バリオスにジョビン、ピアソラ。 自作曲含め、雄弁に溢れ出る17編のセンティ…

文●吉村俊司 text by SHUNJI YOSHIMURA  今年一月『Daisuke Suzuki the Best 2019』をリリースしたばかりのギタリスト、鈴木大介。全てが新録音の「…

[2018.11]パブロ・フアレス 『ソロピアノ – 鳥たちの夜明け』 空へと舞い上がる静か…

文●宇戸裕紀 text by HIRONORI UTO  寡作ながらその分1枚ずつ丁寧に制作され、作っている人の温かみが感じられる数少ないレーベルであるハンモック…

[2018.07]STEFANO BOLLANI 〜濱瀬元彦が傑作『Que Bom…

インタビュー●濱瀬元彦 interview by MOTOHIKO HAMASE  ジャズ・ベーシストで、『チャーリー・ パーカーの技法 インプロヴィゼーションの構造分析』…

200

[2017.04]宮野弘紀 × ルーラ・ガルヴォン 円熟味を増す2人のギターの名手によるデュ…

文●浅羽 晃  侘び寂びとサウダージが出会い、静謐な情景を描いた快作『アダージョ』から9年、ギタリストの宮野弘紀がブラジルの名手、ルーラ・ガルヴ…

[2019.03]助川太郎 Group 南米フォルクローレのスタイルを取り入れた 成熟したアンサ…

文●徳永伸一郎 text by SHIN-ICHIRO TOKUNAGA  また1つ、南米音楽をベースとする注目すべきアコースティック・インスト・バンドが誕生した。EMiKO V…

[2019.01]江藤有希|より深く、より柔らかく、独自の音楽世界に誘う 『tat…

文●花田勝暁  イタリア語で「手ざわり」を意味する言葉『tatto』と名付けられたヴァイオリニスト江藤有希のセカンド・アルバム。親しみやすく身近に…