世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.05]特集:中南米を旅する 直観を研ぎ澄ます旅 YOSHITAKE E…

YOSHITAKE EXPE(ヨシタケエクスペ)未来派ギタリスト 南米ツアーでは個性的な音楽性がモノ・フォンタナ、フラノフ兄弟、マルコス・スザーノ達に絶賛された。www.nuexpe.com  中南米の音楽はとても魅力的だ。とりわけブラジル音楽とアルゼンチン音楽は僕にとって底の無い玉手箱のように、様々な次元…

[2019.06]ブラジルフィールドワーク #13 我々はブラジル原初の民

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO 同時代人として生きる 「違和感がある」。そんなコメントをもらって考え込んでしまった。毎年1ヶ月かけて訪問するアマゾン先住民族の村のようすを日本の知人に語った時のことだ。  たいていの村には寺子屋のような学校があり、教員の資格…

[2020.02]ブラジルフィールドワーク #21 環境正義と環境レイシズム

世界で森が燃えている  森が燃えている。昨年6月は北極圏のアラスカ、シベリアで。8月はアマゾンが燃え始め、9月には東南アジアのボルネオ島やスマトラ島でも。10〜11月にはカリフォルニアが。そして9月にオーストラリアで始まった森林火災は年が明けてもまだなお、炎が収まる兆しがない。乾期の…

[2019.11]ブラジルフィールドワーク #18 「燃えるアマゾンの森」のニュースを読み解く

「乾季のアマゾンは灼熱砂漠だ」と言ったら、どれだけの人が信じてくれるだろうか。とりわけ今年のアマゾンは、息をするのも苦しいほどの半端ない暑さだった。乾き切った空気に喉がヒリヒリと焼き付いた。日中の気温は連日、軽く40度を超えて、湿度は10%ちょっと。いつにも増して本当に過酷な旅だった…