世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.04]豊田耕三〜日本のアイリッシュ・ミュージック・シーンの1つの到達点

文●大谷隆之 アイリッシュのエッセンスと東洋思想を結びつけた1stソロアルバム完成  近年ますます活況を呈する日本のアイリッシュ・ミュージック・…

[2017.05]トヨタ・ケーリー・バンド

昨年、日本代表としてアイルランドの伝統音楽フェスティバルに出場し、大絶賛されたトヨタ・ケーリー・バンド。バンド主催のケーリー(ダンスパーティー…

[2017.05]O'Jizo 〜ムーヴメントの最重要ユニットによる傑作アルバム 『Via Portland…

文●大谷隆之  豊田耕三(フルート、ホイッスル)、長尾晃司(ギター、バンジョー、マンドリン)、中村大史(アコーディオン、ブズーキ)によるインス…

[2017.05]特集:日本人のアーティスト達による ケルト/アイリッシュ音楽のムーヴメン…

文●おおしまゆたか  それに初めて気がついたのは2010年秋、『TOKYO IRISH GENERATION』というオムニバスがリリースされた時だった。そこで演奏さ…

[2017.02]アジア圏から初めて! トヨタ・ケーリー・バンド、 アイルランド伝統音楽最大…

文●豊田耕三 text by KOZO TOYOTA  アイルランドの伝統音楽最大の祭典、フラー・キョールFleadh Cheoil。そのコンペティションにケーリー・バンドを…