世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.01]【連載 TÚ SOLO TÚ #201】フラメンコ随一のカンタオールがサルサを歌う
ディエゴ・エル・シガーラの新境地

[2017.01]【連載 TÚ SOLO TÚ #201】フラメンコ随一のカンタオールがサルサを歌う ディエゴ・エル・シガーラの新境地

文●岡本郁生 text by IKUO OKAMOTO  現代フラメンコ随一のカンタオール(歌い手)といわれるディエゴ・エル・シガーラの最新アルバムが届いた。かねてから予告されていたとおり、ラテン・アメリカ各国で録音されたサルサ・アルバム。タイトルは『インデストゥルクティブレ』である。  1968年12月27日マドリード生まれというからまもなく48歳。意外と若い。フラメンコ一家の中で幼いころから歌い始めた彼は、12歳でさまざまな新人賞を獲得、さまざまなダンサーやギタリスト