世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.08]【短期連載】 The Latin Music is a Tram…

文●山本幸洋  この3月のデイヴ・ヴァレンティンの死は早すぎた。だが、その死を悼んで盟友ビル・オコンネルらがコットンクラブ東京で6月18~21日にトリビュート公演を行い私たちは改めてデイヴの音楽を楽しみ、考える機会となった。メンバーはビル(ピアノ)、リンカーン・ゴーインズ(ベース)、…

[2017.08]【連載 TÚ SOLO TÚ #208】パナマのサルサを熱くする第二弾がついにリリー…

文●岡本郁生  ルベン・ブラデスの活動が活発だ。 ルベン・ブラデス  現在、故郷のパナマを拠点とする彼は2015年、オルケスタを従えたサルサ・アルバム『ソン・デ・パナマ』を発表。さらについ先ごろ、その第2弾『サルサ・ビッグ・バンド』をリリースした。いずれも力のこもった中味の濃い作品で…

[2017.08]島々百景 #18 小豆島(香川県)

文と写真:宮沢和史  2008年は日本政府が移民政策として日本人781名を笠戸丸に乗せてブラジルへ送り出してからちょうど100年目。6月には皇太子様が公式に来伯され、10日間で8都市をご訪問されたことも大きなニュースとなり、ブラジルの日系社会が大いに盛り上がった一年となった。元はと言えば…

[2017.08]風を奏でる音楽家のダイアリー #02 静寂

文●ジョアナ・ケイロス  「嗚呼、月よ。なんて美しいのだ。満月、下弦の月、三日月、どんな姿も同じように美しい」  親愛なる友人メリナ・ムラザニが歌っているの聞いて知った曲で〝牛(boi)〟がそう歌う。異議を唱えようがないほどに、月は美しい。私にだけでなく、たくさんの人に特別な効力をも…

[2017.08]【第7回 カンツォーネばかりがイタリアじゃない】Roma incontra il mondoヴ…

文● 二宮大輔 ヴィッラ・アーダの小島 「夏は夜」という枕草子の定説は万国共通なのかもしれない。ローマでも夏は夜が格別だ。昼間の日差しの暑さをほのかに残す石畳に、涼しい夜風が吹き抜ける。ジェラートやかき氷を食べながら、川沿いを散歩する。イベントも盛りだくさんで、例えば野外上映会。…

[2017.08]連載 太平洋の向こう岸からの手紙 #3 『ラ・プラタ川のアコーディオン奏者の…

文●フアン・フェルミン・フェラリス  ラテンアメリカで最初にアコーディオンを聴いた人々の歴史/物語、それは変わりゆくものです、最初に南米にたどり着いた場所を主張する人たちのように。歴史/物語というのは、とりわけ誰が話すかによります。私の場合、ふたつのことが重要だと思わされました。ア…

[2017.08]【連載 ラ米乱反射 #136】制憲議会開設かマドゥーロ政権否定か 天王山対決を…

文●伊高浩昭(ジャーナリスト)  マイアミに司令部を置く米南方軍は2017年6月6~17日、カリブ諸国など18ヶ国を巻き込んでバルバドス領海、次いでトゥリニダード&トバゴ(TT)領海で合同演習を実施した。「貿易風2017」と名付けられた演習だが、ベネズエラのマドゥーロ政権に軍事圧力を…

[2017.08]MORELENBAUM²/SAKAMOTO〜ジャパン・ハウス サ…

文●中原 仁 写真●Rogério Cassimiro  外務省が日本文化の発信拠点として海外で展開する施設「ジャパン・ハウス」の1号館「ジャパン・ハウス サンパウロ」が5月6日、パウリスタ通りにオープンした。7日と8日、イビラプエラ公園内のイビラプエラ劇場(オスカー・ニーマイヤーの建築作品)で開…

[2017.08]『歓びのトスカーナ』〜イタリア国内で5部門受賞したパオロ・ヴィルズィの…

文●圷 滋夫  緑豊かな丘の上にある施設の中、優雅に日傘をさしながら闊歩する中年女。誰彼となく女主人のような態度で接しながら、人を見下した物言いで途切れ無く喋りまくっている。近くにいたら絶対話し掛けられたくない、面倒臭そうなこの女が主人公ベアトリーチェだ。ここは心に様々な問題を抱…

[2017.08]特集 編曲する女性たち|前文

マリア・シュナイダー・オーケストラ|2013年11月27日毎年恒例のJazz Standardのサンクス・ギヴィング・ウィークのギグに於いて(撮影:常盤武彦)