世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.09]けもの×菊地成孔─シンガーソングライター 青羊によるソロ・ユニット、けも…

文●編集部  菊地成孔をプロデューサーに迎えたアルバム『めたもるシティ』を菊地成孔のレーベル〈TABOO〉からリリースした彼女の世界をもっと知るべくけものと菊地成孔による対談を行った けもの『めたもるシティ』 (VRCL-10134)  菊地成孔がソニー・ミュージックアーティスツ内に立ち上げた…

[2017.09]対談 小田朋美×菊地成孔─小田朋美と菊地成孔が〈編曲する女性〉について語…

 シンガーソングライター/アレンジャー/キーボーディストとして活躍する才媛・小田朋美が〈編曲する女性たち〉をテーマにした対談で指名したのは、鬼才・菊地成孔だった ── 今お二人で一緒に仕事をされているということですが。 菊地成孔 先日ちょうど終わったところです。冨永昌敬監督が末井昭…

[2017.09]Cornelius『Mellow Waves』

文●高橋健太郎 text by KENTARO TAKAHASHI  『ラティーナ』誌でコーネリアスに取材する? 最初にこの企画を振られた時には耳を疑った。が、11年振りに発表された最新作『Mellow Waves』を聴きながら、コーネリアスと南米の音楽の繫がりについて考えてみると、そこには話題になったことのない、隠さ…

[2017.09]Cornelius が選曲する『Mellow Waves』に繋が…

※解説は高橋健太郎さんと編集部 1. National Wake / International News (南アフリカ) ●南アフリカで「反アパルトヘイト / 反ファシスト」を掲げ1978年に結成されたパンク/レゲエ・バンド。この曲はパンク色が強い曲だが、バックではアフリカンなパーカッションが叩かれて、幾分トーキング・ヘッ…

[2017.09]風を奏でる音楽家のダイアリー #03 魔力

文●ジョアナ・ケイロス  演奏者として私の最大の喜びのひとつは、コンポーザーの仲間たちの作品づくりに協力できることだ。私の音楽的人生を最も刺激する事柄だと思う。この世に作品が誕生し発展する過程に立ち会い、初めてそれを演奏して、アイデアが生まれるその場に参加して、それが人の耳、意識…

[2017.09]連載 太平洋の向こう岸からの手紙 #4『風が運んだもの』

文●フアン・フェルミン・フェラリス  「どうか風が我々を世界の果てまでもう一度運びますように」、こう歌うのは若く、痩せていて背が高い男、私みたいに。振り返ると彼とはほとんど兄弟のような時間を過ごしました。最初の出会い、互いにその午後のことをよく思い出します。ハビエル・ナダル・テス…

[2017.09]【連載 ラ米乱反射 #137】マドゥーロ・ベネズエラ政権が制憲議会開設 米国に…

文●伊高浩昭(ジャーナリスト)  2017年8月4日、カラカス首都圏中心部のリベルタドール区ボリーバル広場のすぐ近くにあるベネズエラ国会議事堂本会議場に、制憲議会(ANC)が開設された。1999年に当時のウーゴ・チャベス大統領が国民投票を経て開設したANC以来18年ぶりのことだ。チ…

[2017.09]【連載 TÚ SOLO TÚ #209】日本新世代を予感させるサルサ・バンド バンデラ…

文●岡本郁生  このところ、東京のラテン~クラブ・シーンをザワつかせているバンドがある。2014年に活動を開始、つい最近2枚目のEPをリリースしたばかりのバンデラスだ。  結成直後、噂をきいて最初に興味をひかれたのは、元オルケスタ・デ・ラ・ルスのコンガ奏者、伊達弦がメンバーだというこ…

[2017.09]島々百景 #19 ジャマイカ

文と写真:宮沢和史 今から24年前、レコーディングのためにキングストンを訪れた時の写真。右は親愛なる音楽家、朝本浩文(写真提供:宮沢和史)  前年度から沖縄の沖縄県立芸術大学で非常勤講師を担当している。学校が居を構えているのは琉球時代の中心地首里であり、すぐ隣には首里城、そして周り…

[2017.09]ショーロクラブ8年ぶりの新作『música bonita』─ Saigenjiによるインタビ…

文●Saigenji  風通しの良さは、懐の深さに繋がっていく。  28年目のショーロクラブの新譜『Música Bonita(ムージカ・ボニータ)』から受けた印象はそれだ。  高校生の時にファーストアルバムで衝撃を受け、後年仕事として音楽の世界に飛び込んでからは、心から尊敬する大先輩たちであり、本当…