世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.10]風を奏でる音楽家のダイアリー #04 Terra Una

[2017.10]風を奏でる音楽家のダイアリー #04 Terra Una

文●ジョアナ・ケイロス  私にとっての魔法の場所、テーハ・ウナ*。近くの谷間にあるソニアの滝に行く。マテウスが案内してくれた場所。  何時間も、何日も、二週間にわたりたくさんの音、自分の、他人の、音楽、人、録音に囲まれて、心の平穏と静寂が訪れる。  この景色に浸っていたい。  いつまでもここにいたい。  今日、空は曇っていて、とっても静か。鳥のさえずりもほとんど聞こえない。ここからは、滝から落ちる水の音だけが聞こえて、山々に覆われ見えなくなるほどの地平しか見えない。

[2017.11]風を奏でる音楽家のダイアリー #05クアルタベー

[2017.11]風を奏でる音楽家のダイアリー #05クアルタベー

文 ● ジョアナ・ケイロス  クララ・クロコヂロ(クララ・クロコダイル)は消えちゃった。クララ・クロコヂロは逃げちゃった。当時そしてその後の時代も続けてブラジルを揺るがすサンパウロ前衛派の第一人者、そして天才アヒーゴ・バルナベーの80年代の象徴的な作品を演奏する新しいバンドに参加しないかと声をかけられた。〈Clara Cro-co-dilo〉。思いもしないでしょう、私は若き日におばあちゃんに連れられて、リオのブラジル銀行文化センター(以下、CCBB)で行われたアヒーゴの公演

1