世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.12]岸和田 仁【特集 私が選ぶラテンアメリカの本】

選・文●岸和田 仁 アンデス教養旅行 『アンデス教養旅行』(寺田和夫著、東大出版会、1962年)

[2018.03]水声社「ブラジル現代文学コレクション」~多様なブラジル文学の再発…

文●岸和田 仁 texto por HITOSHI KISHIWADA  昨年10月に第一巻が刊行された、水声社版「ブラジル現代文学コレクション」のラインアップを列記すると、 ❶『エルドラードの孤児』 ミウトン・ハトゥン 武田千香訳 ❷『老練な船乗りたち』 ジョルジ・アマード 高橋都彦訳 ❸『家宝』 ズウミー…

[2019.12]ジョアン・ジルベルトの財産問題 ~法的係争とファミリーの内紛~

文●岸和田 仁 text by HITOSHI KISHIWADA ジョアン・ジルベルトのファミリー関係  ジョアンの結婚(&離婚)は3回(見方によっては4回)なので、まずはジョアンの家族関係をおさえておこう。  最初の夫人は、言うまでもなく、『イパネマの娘』の歌姫となったアストラッド・ジルベルト。ボサノヴ…

[2018.06]ブラジル映画界の巨匠 ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス、死去

文●岸和田 仁 texto por HITOSHI KISHIWADA  巨匠ネルソン・ペレイラ・ドス・サントスが、4月21日、永眠した。享年89歳。死因は肝臓ガンによる多臓器不全であった。  同日夕方のTVニュース番組ジョルナル・ナシオナルは、放送時間の3分の1以上費やして詳しく報道し、ブラジルの主要新聞も翌22日…

[2017.06]セアラーからラテンアメリカへ〜哲人歌手ベルキオール死す

文●岸和田 仁  セアラ州ソブラル市。州都フォルタレーザから西南方向へ約240㎞のところに位置する内陸中堅都市だ。  物理学の歴史をかじった人なら、このソブラルが「物理学の革命」に寄与したことはご存じだろう。1919年、アフリカのプリンシペ島とブラジルのソブラルの2か所で英国科学観測隊…