世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.10] マリーザ・モンチ 国内独占最新インタビュー|Newアルバム『Portas』 CDリリース決定!

[2021.10] マリーザ・モンチ 国内独占最新インタビュー|Newアルバム『Portas』 CDリリース決定!

Marisa Monte ©️Leo Aversa e-magazine LATINAの定期購読はこちらから。 インタビュー・文●中原 仁  EMI(現UNIVERSAL)からSONYに移籍したマリーザ・モンチの、スタジオ録音のオリジナル・アルバムとしては『O Que Você Quer Saber de Verdade(あなたが本当に知りたいこと)』から10年ぶり、待ちに待った最新作『Portas(ポルタス)』が配信でリリースされたのは、2021年7月1日、マリー

スキ
12
[2018.04]AFRO BAHIA 2018 〜アフロ・バイーアの静かなる新潮流を知るための10枚〜

[2018.04]AFRO BAHIA 2018 〜アフロ・バイーアの静かなる新潮流を知るための10枚〜

選●中原 仁/文●中原 仁・編集部 LOURENCO REBETEZ 『O Corpo De Dentro』(2017年)  モアシール・サントスの遺産を継承しヒップホップ・マナーも反映したジャズのビッグバンドとカンドンブレの打楽器隊(ガビ・ゲヂス、イウリ・パッソス、イカロ・サー)が合体、ブラジル人にしか表現できない新たなジャズが誕生した。作編曲家/ギタリストのロウレンソ・ヘベッチスも打楽器以外のメンバーもサンパウロの人たちなのでバイーアの音楽とは言えないが、この特集の道

[2017.08]アート・リンゼイ インタビュー|13年ぶりの新作『ケアフル・マダム』を携え来日、アタバキのリズム・アンサンブル、ロウレンソ・ヘベッチスのアルバムプロデュースを語る

[2017.08]アート・リンゼイ インタビュー|13年ぶりの新作『ケアフル・マダム』を携え来日、アタバキのリズム・アンサンブル、ロウレンソ・ヘベッチスのアルバムプロデュースを語る

文●中原 仁  近年はリオに生活の拠点を置き、〝カンドンブレの音楽とゴスペルの融合〟をひとつのテーマに据えて13年ぶりの新作『ケアフル・マダム』を発表したアート・リンゼイが、4年連続の来日公演を行なった。ゲストや現地調達のメンバーを入れない、純粋なバンド編成のライヴも13年ぶり。長年の盟友メルヴィン・ギブスをはじめ新作に参加した3人のニューヨーク勢に、3度目の来日となるバイーア出身の打楽器奏者、マルヴァルド・パイムを加えたバンドは、アートを除く全員が黒人だ。重心が低く音の粒