世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.08]特集 編曲する女性たち|レア・フレイリが奏でるブラジルの音色〜ブラジルのインストゥルメンタル・ミュージックを代表するアーティストが、2枚の新作アルバムを携え、キャリア45周年を祝う

[2017.08]特集 編曲する女性たち|レア・フレイリが奏でるブラジルの音色〜ブラジルのインストゥルメンタル・ミュージックを代表するアーティストが、2枚の新作アルバムを携え、キャリア45周年を祝う

文●ヂエゴ・ムニス texto por DIEGO MUNIZ © Paulo Rapoport  ブラジルの音楽産業の囲いから離れた場所で、レア・フレイリはブラジルのインストゥルメンタル・ミュージック界において重要な歴史を刻んでいる。クラシックとポピュラーを行き来し、フルート奏者、編曲家、そして作曲家である彼女は、独自の「語法」生み出し、ジャンルを問わずに活躍するアーティストたちの中心的な人物となった。  エドゥ・ロボ、ジョイス、テコ・カルドーゾ、モニカ・サウマーゾは