世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.09]映画『パッション・フラメンコ』─現代フラメンコ界をリードする最高峰のダンサーの一人、
サラ・バラスがその魂と情熱を賭ける踊りとは?

[2017.09]映画『パッション・フラメンコ』─現代フラメンコ界をリードする最高峰のダンサーの一人、 サラ・バラスがその魂と情熱を賭ける踊りとは?

文●圷 滋夫  フラメンコはスペイン南部のアンダルシアで生まれた芸能で、主に3つの要素、歌と踊りと伴奏に分かれる。サラ・バラスの2014年初演の舞台「ボセス フラメンコ組曲」は、各々の歴史の中からパコ・デ・ルシアやカマロン、アントニオ・ガデスなど、バラスが多大な影響を受けた6人の偉大な巨匠達に光を当てた熱狂の舞台で、彼女が頂点を極めた作品とも言われている。  映画「パッション・フラメンコ」はこの舞台の立ち上げから世界ツアー迄の怒涛の日々を、全てを取り仕切るサラ・バラスに密