世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.12]ヤマンドゥ・コスタ
ディスコグラフィー

[2018.12]ヤマンドゥ・コスタ ディスコグラフィー

文:中原 仁、花田勝暁 Lúcio Yanel & Yamandu Costa『Dois Tempos』(2001年、ACIT) ▪最初に影響を受けたギタリストで故郷の町に住んでいたアルゼンチン人、ルーシオ・ヤネルとのデュオ・アルバム。2人の自作からナザレーやハダメスの作品、フォルクローレまで幅広く、当初から汎ラテンアメリカな音楽性を備えていたことが聴き取れる。(仁) 『Yamandú』(2001年、Eldorado) ▪️初の単独リーダー作はリオ録音。ショーロから故

1
[2017.04]ケイシー・コスタ、
ヤマンドゥ・コスタに会う

[2017.04]ケイシー・コスタ、 ヤマンドゥ・コスタに会う

ブラジル、ベレン生まれのシンガーソングライター、ケイシー・コスタが、ブラジルが生んだ「世紀の天才ギタリスト」に会いに行きました。 文●ケイシー・コスタ —— 私にとって、ヤマンドゥ・コスタは技術面でブラジル、ナンバーワンのギタリストだと思っていて、今回日本で、お話を伺うことができてとても光栄です。私は自分で作曲する時、インスピレーションを大事にしているんですが、ヤマンドゥさんの場合はどうしているんですか? ヤマンドゥ・コスタ  僕は普段からテーマを探している。例えば楽し