世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.11]【TOKIKOの地球曼荼羅④】 ポルトガル、運命のファド 〜ファドを辿る旅〜

[2020.11]【TOKIKOの地球曼荼羅④】 ポルトガル、運命のファド 〜ファドを辿る旅〜

文●加藤登紀子 ① アマリア・ロドリゲスとの出会い 私とファドの出会い、と言えば、ごく当たり前。ファドを代表する歌手、アマリア・ロドリゲスだった。  レコードも発売され、来日公演も何度も見ることができたので、ごく自然に彼女の歌をカバーすることから始まった。  1972年に結婚した後の1974年、長谷川きよしさんと「灰色の瞳」をデュエットし、ワールドミュージックのジョイントコンサートを開いたことから、いい曲はどんどん日本語にして歌っていこう、という姿勢だったので。

スキ
7
[2017.10]アマリアに導かれるようにファド歌手になった女性歌手〜カルラ・ピレス来日

[2017.10]アマリアに導かれるようにファド歌手になった女性歌手〜カルラ・ピレス来日

文●花田勝暁  再興するポルトガルの音楽「ファド」のシーンから、アマリア・ロドリゲスに導かれるようにファド歌手になり、最実力派の中の一人と注目されてきた女性歌手のカルラ・ピレスが来日し、10月末から約一ヶ月全国ツアーを行う。  カルラ・ピレスは、1993年にテレビ局の歌手オーディション番組に出演したことをきっかけに歌手デビューした。当時、女優と並行して行っていた歌手活動ではファドではなくポップスを中心に歌っていた。転機となったのは、アマリア・ロドリゲスの死から3年後の20