世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2017.11]ファビアーノ・ド・ナシメント〜「アフロ・ブラジリアンの未来」というべき才能をもつ
若きギタリスト

[2017.11]ファビアーノ・ド・ナシメント〜「アフロ・ブラジリアンの未来」というべき才能をもつ 若きギタリスト

文●早坂英貴  間もなく来日するギタリスト、ファビアーノ・ド・ナシメントは、伝統的な音楽の要素を継承しつつ現代的な表現方法を模索する「アフロ・ブラジリアンの未来」というべき才能だ。由緒ある音楽一家に育ったという恵まれた環境もさることながら、10代前半にギターに出会ってからからは、この楽器とともに演奏と表現両面で追求と研鑽を続けている。 『Dança Dos Tempos』(2015)  1983年リオ・デ・ジャネイロ生まれ。移り住んだLAの音楽シーンでファビアーノが頭角