世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.09]ディエゴ・スキッシの「人生を変えた3枚、1作、1冊」

ディエゴ・スキッシ(DIEGO SCHISSI) プロフィール●1969年ブエノスアイレス生まれのピアニスト、作曲家。現代タンゴの鬼才として知られ、近年は自身のキンテートで『Timba』(2016年)、巨匠マリアーノ・モーレス集『Tanguera』(2018年)をリリース。2017年にザ・ピアノエラ2017で初来日。 https…

[2017.11]ディエゴ・スキッシ〜迫る待望の初来日公演

文●宮本剛志  現代のアルゼンチンタンゴを牽引する鬼才、ディエゴ・スキッシが11月に待望の初来日を迎える。今回は残念ながらキンテートではなくソロピアノでの演奏となるが、タンゴ奏者のみならず菊地成孔や中島ノブユキらにも信頼されるバンドネオン奏者の北村聡との共演は大きな期待を抱かせるの…

[2017.11]ディエゴ・スキッシから遡る、はじめてのタンゴ

文●清川宏樹  カルロス・アギーレとその周辺の演奏家たちによる音楽作品を発端として、アルゼンチンフォルクローレは、今や日本の幅広い音楽ファンに受け入れられつつあると言って良いだろう。そして素晴らしいアーティストが次々と来日し、人間味に溢れた深い音楽性に直接触れる機会が増えたことは…