世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.02]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第1回 エル・チョクロ

[2018.02]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第1回 エル・チョクロ

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA 1回目はアルゼンチン・タンゴの古典中の古典、「エル・チョクロ」である。1903年11月3日、レストラン「アメリカーノ」でホセ・ルイス・ロンカージョのオーケストラが初演したというから、もう114年も経過していることになる。初演時この曲には歌詞がなかったはずだ。タイトルの意味は「木靴」だとか人のあだ名だとか諸説あったが、初版楽譜(1905年)の表紙の通り、作者アンヘル・ビジョルドが好んだという「とうもろこし」そのも