世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.04]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第3回 グリセール

[2018.04]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第3回 グリセール

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA  作詞はホセ・マリア・コントゥルシ。前回紹介した歌のタンゴの第1号曲「ミ・ノーチェ・トリステ」の作詞者パスクアル・コントゥルシの息子である。パスクアルは23歳の時、17歳の妻イルダと結婚し、ホセ・マリアが誕生するのだが、ほどなくパスクアルはある女性を追っかけてモンテビデオに行くが、あっさり捨てられそこで「ミ・ノーチェ・トリステ」を作ることになる。その後ブエノスアイレスに帰って来るが、事実上の離婚状態で、1927