世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.01]パンチョ・アマート キューバの国宝的トレス奏者、待望の再来日!

[2019.01]パンチョ・アマート キューバの国宝的トレス奏者、待望の再来日!

文●太田亜紀 text by AKI OTA  今年は日本とキューバ外交関係樹立90周年、キューバ解放60周年という日本とキューバにとって意義深い年。そんな年にふさわしいビッグ・アーティストが久々に来日する。パンチョ・アマートは現在、キューバ国内外の批評家に現代最高のトレス奏者と評される。その功績が評価されキューバ政府から2010年キューバ音楽大賞が贈られた。キューバ音楽の歴史、伝統のリズムやトローバ、クラシックギターやピアノのモントゥーノまで徹底的に研究。現在はキューバ発

[2019.04]パンチョ・アマートに訊く
キューバ音楽のこと

[2019.04]パンチョ・アマートに訊く キューバ音楽のこと

文●田中勝則/写真●宮ヶ迫ナンシー理沙 text by KATSUNORI TANAKA / photos by NANCI LISSA MIYAGASAKO  まるで高校野球のような一生懸命さ。パンチョ・アマート楽団の来日公演を一言で表せば、そういうことになるのだろうか。とうに還暦を過ぎたパンチョ自身を別にすれば、メンバーのほとんどは若手。それが最初から最後までまったく手を抜くことなく、お客さんに喜んでもらうために懸命に演奏する。そもそも彼らがやっている「ソン」という音楽