世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.08]【連載 TÚ SOLO TÚ #220】キューバから自由の国、米国へと亡命してきた
才能溢れる音楽家、アルトゥーロ・サンドバル

[2018.08]【連載 TÚ SOLO TÚ #220】キューバから自由の国、米国へと亡命してきた 才能溢れる音楽家、アルトゥーロ・サンドバル

文●岡本郁生 「キューバの貧困の中に生まれ、政府によって抑圧され、彼はその才能を世界と共有するためにすべてを危険にさらしました。ここ数十年間、この素晴らしいトランペッター/ピアニスト/コンポーザーは、世界中の観客たちを刺激し続け、若い世代の偉大な演奏家たちを目覚めさせてきたのです。彼は最高の演奏家であり続けています」  2013年、当時のオバマ大統領は、「大統領自由勲章(Presidencial Medal of Freedom)」をアルトゥーロ・サンドバルに贈ったとき

[2017.12]【短期連載】 The Latin Music is a Tramp! #5 アルトゥーロ・サンドバル

[2017.12]【短期連載】 The Latin Music is a Tramp! #5 アルトゥーロ・サンドバル

文●山本幸洋  アルトゥーロ・サンドバル。イラケーレの主要メンバーとして70年代後半の世界のジャズ・フィールドで優れたトランペッターとして知られ、イラケーレから独立した80年代にガレスピー率いる国連オーケストラでも活躍、90年に亡命してUSに移住(98年帰化)してからはキューバンとストレイト・アヘッド両方のジャズ・フィールドのみならず、クラシックやピアノ演奏、ソウルやポップス、はたまたタンゴに至るヒット曲をトランペットで演奏するなど自由かつマルチに活動している。 撮影/