世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.12]石橋 純【特集 私が選ぶラテンアメリカの本】

[2020.12]石橋 純【特集 私が選ぶラテンアメリカの本】

選・文●石橋 純  スペイン・ラテンアメリカ音楽を知るうえで必読の著者として3人を挙げたい。濱田滋郎(1935〜)、高場将美(1941〜2018)、YOSHIRO広石(1940〜)だ。濱田・高場は、達人のスペイン語能力をもってしてラ米音楽を紹介する先駆的存在であり、このふたりに匹敵する広さと深さでラ米音楽を評論できる日本語ライターは今後現れないだろうと私は思う。広石は、著作の副題によれば「世界を驚かせた伝説の日本人ラテン歌手」。彼もまた、スペイン語の達人である。

6
[2015.08]救いようのない人生に捧げる親密な歌
─YOSHIRO広石、近作を語る─

[2015.08]救いようのない人生に捧げる親密な歌 ─YOSHIRO広石、近作を語る─

文●石橋 純  スペイン語で説得力のある歌を聴かせる日本人は誰かと訊かれたら、私はまずYOSHIRO 広石の名を挙げる。  1965年ベネズエラ・デビューを皮切りに、ラテンアメリカ各国を股にかけての10年以上のツアー活動はもはや伝説の域にある。世界に向けて市場を拡大していた1960年代ラテン・ショービジネスの息吹が鮮烈に伝わってくる抱腹絶倒の自伝は、かつて本誌の前身『中南米音楽』に連載され、いまはYOSHIRO 広石の公式ウェブサイトでその一部を読むことができる。 ベネ

1
[2016.12]【YOSHIRO広石 LATIN CONCERT 2016】 LATINとJAZZとBRASILIANのカクテルで
自由と多様性を

[2016.12]【YOSHIRO広石 LATIN CONCERT 2016】 LATINとJAZZとBRASILIANのカクテルで 自由と多様性を

文と写真●石橋 純 texto y fotos por JUN ISHIBASHI  YOSHIRO広石の歌手生活60周年記念ライヴに招かれた。50周年コンサートのあたりから、聴くたびごとに彼の歌から余分な力が抜けてきていることに感銘をうける。60年の節目もまた、自然体に磨きがかかっていた。その見事さは、武道の達人のような域にあるように思えた。音に身を任せ、詞と心の赴くままに歌うという佇まいだ。  10年前、50周年ライヴのとある曲中のセリフで、虚空を見つめたYOSHIR

[2019.05]YOSHIRO広石 ヴィンテージの声で語る
極上のラテン・エンタテインメント

[2019.05]YOSHIRO広石 ヴィンテージの声で語る 極上のラテン・エンタテインメント

文と写真●石橋 純 text & photos by JUN ISHIBASHI  今年79歳になるYOSHIRO広石が4年ぶりの新作を発表した。《Cool & Sensual Latin from Japan》と題された作品は、大人のための一夜のきらめくショー仕立てになっている。そのことはチャチャチャのリズムにのせて始まる一曲目の冒頭から、即座に感得できた。  極上のサウンドを作り上げたバック陣はピアニスト兼編曲家の奥山勝が集めた日本・キューバ・ブラジルのトッププレー

1