マガジンのカバー画像

世界の音楽情報誌「ラティーナ」

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これか… もっと読む
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てア… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#ゲレン大嶋

くちずさめる音楽を遺したい ⎯⎯ 新ユニット「ジュス(笹子重治+ゲレン大嶋+宮良牧子)」の活動をスタートした笹子重治とゲレン大嶋にきく

インタビュー・文●佐藤英輔  ギタリストの笹子重治と三線奏者のゲレン大嶋の出会いは、30年前の沖縄に遡る。飲み友達になった二人だったが、コロナ禍を引き金にソングライターのユニットを結成。そして、ゲレン大嶋と一緒のグループにいた石垣出身のシンガーである宮良牧子がそこに加わり、ジュスは結成された。早速仕上げられたデビュー作『サガリバナ~島をくちずさむ Vol.1』には沖縄に対する思慕を介しての得難いメロディと歌唱と演奏が付帯し、聴く者をもう一つの地へと誘う。そんな確かな訴求力を

スキ
8

[2019.10]「OTTAVA Aria」と共にある暮らし “日本の新しい室内楽”を楽しむラジオ〜プレゼンターのゲレン大嶋に訊く〜

文●花田勝暁 text by KATSUAKI HANADA ── OTTAVAとゲレンさんがプレゼンターを務める番組「OTTAVA Aria」のことを教えていただけますか? ゲレン大嶋 OTTAVAは2007年に開局したインターネット・ラジオ局で、クラシック音楽が中心です。ぼくも開局以来プレゼンターを務めていて、クラシックをメインとしながらも、ぼくの番組では、所謂クラシックにカテゴライズされない音楽もかけてきていました。今、「OTTAVA Aria」を収録しているスタジ

スキ
1