世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.05]欧米インディ・クラシック・ムーヴメントに対する日本からの回答TRIOLA『Chiral』

[2019.05]欧米インディ・クラシック・ムーヴメントに対する日本からの回答TRIOLA『Chiral』

文●松山晋也 text by SHINYA MATSUYAMA  石橋英子やジム・オルークを筆頭に、前野健太、倉地久美夫、折坂悠太など、うるさ型リスナーが多いクセモノたちの作品をヴァイオリンやヴィオラでサポートしてきた波多野敦子。自身でも4枚のソロ・アルバムを発表してきた彼女は、並行してトリオラ(TRIOLA)という弦楽デュオ・ユニットを率い、12年にはアルバム『Unstring,string』をリリースした。そして先月、7年ぶりの2作目『Chiral(キラル)』が出たの