世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.09]ラ・ハグア 新時代のラテン・サウンド!伝統楽器の宝庫・コロンビアより今秋、来日!

[2018.09]ラ・ハグア 新時代のラテン・サウンド!伝統楽器の宝庫・コロンビアより今秋、来日!

文●太田亜紀 text by AKI OTA  1日に14000人もの観客を集め、世界の音楽市場が注目するペトロニオ・アルバレス太平洋音楽祭で2015年に優勝を果たし、昨年はヨーロッパツアーも敢行し、今、最も勢いに乗っているバンド、ラ・ハグアがこの秋、日本に上陸する。制作に2年以上もの時間をかけたという渾身のファーストアルバム『コン・トダ・エル・アルマ』を引っ提げての初来日だ。コロンビア音楽といえば10年ほど前まではシャキーラとフアネス、カルロス・ビベスが海外での知名度を寡

1
[2019.01]ラ・ハグア コロンビア音楽文化の底力を示した公演

[2019.01]ラ・ハグア コロンビア音楽文化の底力を示した公演

文●山口元一 text by GEN'ICHI YAMAGUCHI  コロンビア太平洋岸最大の音楽祭・ペトロニオ・アルバレス・フェスティバル、自由演奏部門2015年度チャンピオンという経歴を誇る楽団。日本公演のステージで紹介するための歌詞の翻訳を担当した縁で事前にオリジナル中心の音源はじっくり聞いたのだが、どうもピンとくるものがない。音楽に関しては印象の薄いポパヤン出身ということもあって、どんなものだろうね、と半信半疑でステージを観たのだが、予想を完全に裏切る素晴らしさだっ