世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.10]『ジョアン・ジルベルトを探して』 ジョルジュ・ガショ監督インタビ…

文●中原 仁 text by JIN NAKAHARA  期せずしてジョアン・ジルベルト追悼上映となったドキュメンタリー映画『ジョアン・ジルベルトを探して』。公開前の8月前半、スイス国籍も持つフランス人監督、ジョルジュ・ガショが来日した。J─ WAVE主催の試写会で行なった公開インタビューと前後の会…

[2019.10]バジ・アサド来日記念interview

文●中原 仁 text by JIN NAKAHARA  ブラジルを代表するクラシック・ギターのデュオ、セルジオ&オダイル・アサド、通称アサド兄弟の妹、バジ・アサド。彼女の演奏を初めて生で聴いたのは約20年前だった。USA録音の『カメレオン』の日本盤が発売された後、プロモーションで来日し、番組用に1曲…

[2019.10]キューバのスーパーユニット Interactivo 〜メンバー一人ひとりの精神にはロ…

文●山本幸洋 text by TAKAHIRO YAMAMOTO  2年続けてFUJI ROCK出演、今年はブルーノート東京公演も果たしたキューバのスーパー・ユニット:インテラクティーボ(本稿は著者の意向によりスペイン語読みで表記します)。聞くところによると、FUJI ROCKの代表がキューバに行った際にインテラクティー…

[2019.10]ペドロ・マルチンス 『Caipi』を経て歌う 新作『VOX』

文●中原 仁 text by JIN NAKAHARA  10代で録音したデビュー作『Sonhando Alto (Dreaming High)』を通じて注目を集めたギタリスト、ペドロ・マルチンス。ブラジリア出身、現在26歳。2017年、コンテンポラリー・ジャズの大御所ギタリスト、カート・ローゼンウィンケルがブラジル音楽に接近した…

[2019.10]高橋AYUO あるサイケデリック・ボーイの立体的自叙伝

文と写真●松山晋也 text & photos by SHINYA MATSUYAMA  7月3日にすみだトリフォニー小ホールでおこなわれたあるコンサートを観ながら、私はちょっとした感慨に包まれていた。「AYUOの自叙伝立体プロジェクトも、これでようやく完成したんだな……」と。《アウトサイド・ソサエティ》と題された…

[2019.10]akiko × 林 正樹

文●花田勝暁 text by KATSUAKI HANADA  幅広い音楽性で独自のポジションを築いてきたジャズ・ヴォーカリストのakikoと、ピアニストの林正樹が、初のデュオ作『spectrum』を完成させた。口ずさむようなヴォーカルと、リリシムズ溢れるピアノが静謐でニュアンスに富んだ音楽を紡ぐ。傑作アルバムを完…

[2019.10]「OTTAVA Aria」と共にある暮らし “日本の新しい室内楽”を楽しむラジオ〜…

文●花田勝暁 text by KATSUAKI HANADA ── OTTAVAとゲレンさんがプレゼンターを務める番組「OTTAVA Aria」のことを教えていただけますか? ゲレン大嶋 OTTAVAは2007年に開局したインターネット・ラジオ局で、クラシック音楽が中心です。ぼくも開局以来プレゼンターを務めていて、クラシック…

[2019.10]land & quiet  伊藤ゴロー バンド志向 新…

文●渡辺 亨 text by TORU WATANABE  『land&quiet』は、伊藤ゴロー(ギター、プログラミング)、佐藤浩一(ピアノ)、福盛進也(ドラムス)による同名トリオの初アルバムだ。アルバムは伊藤ゴローのプロデュースで、すべての曲のアレンジも彼が手掛けている。が、land&quietは、伊藤個人のプロ…

[2019.10]フォルクローレ、フラメンコ、クラシック… 多様なバックボーンを持つ も…

文●徳永伸一郎 text by SHIN-ICHIRO TOKUNAGA  2012年、ギタリスト智詠氏とのデュオ「Masa & Chiei」として16歳で衝撃的なCDデビューを果たした若きギタリスト、菅沼聖隆(すがぬま・まさたか)のその後を御存知だろうか。高校卒業後は、フォルクローレ、フラメンコと共に取り組んできたクラシッ…

[2019.10]三枝伸太郎 オルケスタ・デ・ラ・エスペランサ『FLOWERS』

文●徳永伸一郎 text by SHIN-ICHIRO TOKUNAGA  2015年の1stアルバム発売から4年、作曲家/ピアニスト三枝伸太郎率いるユニークな弦楽アンサンブル、オルケスタ・デ・ラ・エスペランサの2ndアルバム『Flowers』が遂にリリースされた。その間、喜多直毅クアルテットのピアニストとして定期的に…