世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.06]追悼ベッチ・カルヴァーリョ 〜 誇り高き炎のサンバ闘士〜

[2019.06]追悼ベッチ・カルヴァーリョ 〜 誇り高き炎のサンバ闘士〜

文●佐藤 由美 text by YUMI SATO  4月30日、〝パゴーヂのマドリーニャ(代母)〟〝テヘイロ(サンバ奥義の場)の女神〟〝サンバの女王〟と謳われた女性歌手が、年明けから入院中だったリオ市内の病院で72年の生涯を閉じた。死因は敗血症。葬儀は5月1日、ボタフォゴ・クラブでいとなまれた。  おそらくベッチほど、日本でサンバに親しむファン、歌と演奏を志す人々に絶大な影響を与えたシンボルはいまい。とりわけ70年代後半以降、どれほど多くの者がベッチを通して珠玉のサンバ

4
[2019.06]サンバとサンビスタたちのゴッドマザー、ベッチ・カルヴァーリョ、永遠に!

[2019.06]サンバとサンビスタたちのゴッドマザー、ベッチ・カルヴァーリョ、永遠に!

文●アルセウ・マイア text by ALCEU MAIA  ベッチ・カルヴァーリョは、とても若い頃から、僕がプロのミュージシャンになるその前から知っている。彼女は僕の親戚の家で開かれるミーティングに出入りしていて、さらに僕の叔父と彼女の叔母が結婚したことで、家族的なつながりもできた。出入りしていたミーティングで彼女と知り合い、僕はミュージシャンとしてのキャリアの初期を歩みはじめていたのだが、彼女はライヴミュージシャンとして誘ってくれ、一緒に小さいグループを結成した。彼女は

2
[2019.06]特集:美しい人 才女たちの奏でる唯一無二の音楽 〜松山晋也の選ぶ 女性音楽家の美しき50枚

[2019.06]特集:美しい人 才女たちの奏でる唯一無二の音楽 〜松山晋也の選ぶ 女性音楽家の美しき50枚

 月刊ラティーナ6月号の特集は「美しい人 才女たちの奏でる唯一無二の音楽」と題して、女性ミュージシャンにフォーカスします。  選盤記事では、揺るがぬ審美眼で多様なジャンルの音楽を長年に渡り深く愛好し、編集部が全幅の信頼を寄せる濱瀬元彦氏と松山晋也氏に、選盤をお願いしました。それぞれにオールジャンル、オールタイムのベスト50を選んでいただき、解説コメントをお願いしました。とても貴重なティスクガイドとなりました。  インタビュー記事では、以前からお話を聞きたいと思っていた女性

[2019.06]メキシコ出身のスター・シンガーソングライターに
日本メディア初インタビューJulieta Venegas

[2019.06]メキシコ出身のスター・シンガーソングライターに 日本メディア初インタビューJulieta Venegas

文●宇戸裕紀 text by HIRONORI UTO, Photo by Ivonne Venegas  メキシコで知らない人はいないシンガーソングライター、フリエタ・ベネガス。メキシコ人らしい天性の人懐こさに、大の読書家というアングロサクソン的な理知的な顔が入り混じる。現在ブエノスアイレス郊外の閑静な住宅街サンイシドロに住んでいるということもあり、割と小さなライヴハウスや書店で目にすることも多くなった。チャーリー・ガルシアから影響を受け、グスタボ・サンタオラージャをプ

[2019.06]Gilberto Gil x 
Roberta Sá
愛される歌姫が歌う
ジルベルト・ジル集

[2019.06]Gilberto Gil x Roberta Sá 愛される歌姫が歌う ジルベルト・ジル集

文●宮ヶ迫ナンシー理沙 text by NANCI LISSA MIYAGASAKO “最初は歌手としてホベルタを好きになりました。そしてそのあと、友人として。そして50年以上のキャリアをあゆんできた、キャリアも後半にさしかかった今、共作のパートナーとして。彼女が近くにいて、私たちが最も愛する音楽をともに作ることができて、私は感謝しています。” ── Gilberto Gil  ブラジルには数多くの素晴らしい女性歌手が存在することで有名だが、同世代の歌手のなかでも一際の

[2019.06]SEIGEN ONO interview

[2019.06]SEIGEN ONO interview

文●松山晋也 text by SHINYA MATSUYAMA  サウンド・エンジニア/ミュージシャン/プロデューサーとして活躍するオノセイゲンがコムデギャルソンのショーの音楽を担当し、ファッション界と音楽界の両方に衝撃を与えたのは、約30年前のことだった。その音楽をまとめた2枚のアルバム『コム デ ギャルソン セイゲン オノ Volume 1』(88年)と『同2』(89年)は、セイゲンの代表作として過去に何度も再発されてきたが、去る3月には日本コロムビアから改めてリリース

[2019.06]かもめ児童合唱団 音楽の小さな希望の光

[2019.06]かもめ児童合唱団 音楽の小さな希望の光

文●松山晋也 text by SHINYA MATSUYAMA  神奈川県の三浦半島の尖端にある港町・三崎といえば、まぐろ。だが今、もう一つの名物が注目を浴びている。地元の小学生を中心とするかもめ児童合唱団だ。2010年にデビュー・アルバム『焼いた魚の晩ごはん』を発表した後、13年には「私の世界」がTVドラマ『泣くな! はらちゃん』の劇中歌としてヒット(16年の2作目『インターネットブルース』にも収録)。そしてこの3月には3作目『ワンダフル・ミュージック!』も出た。  

[2019.06]Léonore Boulanger レオノール・ブーランジェ ストレンジな音の数々が織り成すポリリズム
フランス出身の才女によるぶっちぎりの新作『Practice Chanter』

[2019.06]Léonore Boulanger レオノール・ブーランジェ ストレンジな音の数々が織り成すポリリズム フランス出身の才女によるぶっちぎりの新作『Practice Chanter』

文●釣 馨(FRENCH BLOOM NET) text by KAORU TSURI(FRENCH BLOOM NET)  前作『Feigen Feigen』から2年半ぶりの4枚目のアルバム『Practice Chanter』が発表されると聞き、レオノール・ブーランジェにインタビューを試みました。彼女の音楽には興味津々だが、あまりに彼女に関する情報が少ない、という声も多いかと思います。この機会に新しいアルバムのこと、彼女が所属するレーベル、ラ・ソールのこと、パートナーの

1
[2019.06]現代フォルクローレ界最高峰の女性歌手リリアナ・エレーロ最新作 『Canción Sobre Canción』はフィト・パエスの音楽への愛の結晶

[2019.06]現代フォルクローレ界最高峰の女性歌手リリアナ・エレーロ最新作 『Canción Sobre Canción』はフィト・パエスの音楽への愛の結晶

文●宇戸裕紀 text by HIRONORI UTO  フィト・パエス ── チャーリー・ガルシア、ルイス・アルベルト・スピネッタ、グスタボ・セラティらと肩を並べるアルゼンチンロック史における最重要人物。その盟友でアルゼンチンフォルクローレ界の重鎮リリアナ・エレーロによる新作はなんとフィト・パエス集。2年のプロセスを経て得られた深い解釈を元に紐解いていった大作には、全てのアルゼンチン人のフィト・パエスの音楽に対する愛が代弁されている。 ▼ ── 間違いなくフィト

[2019.06]ブラジルフィールドワーク #13 
我々はブラジル原初の民

[2019.06]ブラジルフィールドワーク #13 我々はブラジル原初の民

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO 同時代人として生きる 「違和感がある」。そんなコメントをもらって考え込んでしまった。毎年1ヶ月かけて訪問するアマゾン先住民族の村のようすを日本の知人に語った時のことだ。  たいていの村には寺子屋のような学校があり、教員の資格を得た村の若者を先生役に民族言語とポルトガル語の両方を使った授業が行われている。外の社会との物や情報や人の行き来は年々進んで、工業的な製品も徐々に入って来るように