世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.04]日本のラテンシーンを作ってきた人たち〜ラテン音楽編《後編》〜

[2021.04]日本のラテンシーンを作ってきた人たち〜ラテン音楽編《後編》〜

文●岡本郁生 《前編》《中編》はこちら↓  本エントリーは、4/13(火)までは無料でお読みいただけます。4/14(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 ※《中編》で書いたオルケスタ246結成の経緯について、石山実(現:実穂)さんからご指摘をいただきました。  青山『ロブロイ』で松岡直也さんとセッションを始めたときのパーカッションは石山さん、斎藤不二男さん、ラリー寿永さんでしたが、やがて、石山さんと斎藤さんが脱退し、ソンの楽団で

15
[2019.03]【連載 TÚ SOLO TÚ #226】ニューヨーク・ラテンとフュージョン音楽

[2019.03]【連載 TÚ SOLO TÚ #226】ニューヨーク・ラテンとフュージョン音楽

文●岡本郁生  1948年、アルゼンチンでバンドネオン奏者の子供として生まれたホルヘ・ダルトは5歳からピアノを習い、69年、米国に移住。ティト・プエンテやマチート、ガト・バルビエリらの楽団で活動するが、同時に、ジョージ・ベンソンのバンド・メンバーとして、76年、大ヒット・アルバム『ブリージン』に参加する。ベンソンはそれまでもヴァーヴやCTIレーベルなどからアルバムをリリースし、ジャズ・ギタリストとして一定の評価を得ていたが、この作品によってグラミー賞「最優秀インストゥルメン