世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2019.10]【連載 TÚ SOLO TÚ #233】 フアン・ルイス・ゲーラ
5年ぶりの新作はあるがままのエッセンスが満載

[2019.10]【連載 TÚ SOLO TÚ #233】 フアン・ルイス・ゲーラ 5年ぶりの新作はあるがままのエッセンスが満載

文●岡本郁生  かつて一世を風靡したスターが相変わらず活躍しているのを見るのはやはり嬉しい。マーク・アンソニーしかり、アルバムこそ何年も出していないもののコンスタントに活動を続けていたドミニカ共和国のスーパー・スター、フアン・ルイス・ゲーラが5年ぶりのニュー・アルバム『リテラル』を発表した。 「この最新作は、ある意味で、『リテラル(「文字どおり」の意)』であることのエッセンスを集めたものなんだ」と彼はAP通信のインタビューに答えている。「娘のパウリナがいつもその言葉を