世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.07]誰にも見つけられなかった
ミュージシャンたち 〜「Rio de Música」プロジェクトは、
暴力によって荒れ果てたジャカレジーニョに住む子ども、若者、大人たちの
人生のトーンを変えるための道具を、音楽の中に探している〜

[2018.07]誰にも見つけられなかった ミュージシャンたち 〜「Rio de Música」プロジェクトは、 暴力によって荒れ果てたジャカレジーニョに住む子ども、若者、大人たちの 人生のトーンを変えるための道具を、音楽の中に探している〜

文●名倉亜希子 text by AKIKO NAGURA  東京、大阪、熊本のエルメート・パスコアル公演を終え、そのバンドメンバーであるイチベレ・ズワルギとその息子、アジュリナン・ズワルギは、昨年に引き続き自身の「Música Universal(全員、万人の音楽)」と題される音楽ワークショップを東京で開催した。  昨年参加したギタリストの助川太郎氏は、「ひたすらその場に対応して音楽の一部になる快感。その直後から僕は10年間していなかった作曲を再開し、そのまま自分のグル