世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.09]ピレネー山脈出身、フランス全土で人気が爆発。爽やかなミクスチャー・ポップを繰り出すブールヴァール・デ・ゼール

[2018.09]ピレネー山脈出身、フランス全土で人気が爆発。爽やかなミクスチャー・ポップを繰り出すブールヴァール・デ・ゼール

文●桑原シロー text by SHIRO KUWAHARA  6月に来日を果たし、一陣の爽やかな風を吹かせたブールヴァール・デ・ゼール。フランスのスペイン寄りのオート・ピレネー県の出身の彼らは、いま本国でナンバーワンの呼び声高いライヴ・バンド。最新作にして本邦初登場作品となる『Bruxelles(邦題:旅立ちの朝)』は20万枚のセールスをあげるなど、ここにきて実力に人気が追い付いてきた感がある。ライヴを観た人の意見にも多かったが、風通しの良いミクスチャー・ポップ・サウンド