世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2020.01]2019年ベストアルバム(小室敬幸)

●小室敬幸 プロフィール●ライター/ラジオDJ/大学教員……として、クラシック、ジャズ、映画音楽を軸に活動している。Jazz The New Chapter 5にも寄…

[2019.01]2018年ベストアルバム(小室敬幸)

●小室敬幸 ●作曲 / 音楽学  クラシックやジャズを軸に、ライター、ラジオパーソナリティ、大学教員として活躍中。

[2018.12]ジスモンチは“クラシック音楽”にも、なりうるか?

文●小室敬幸 text by TAKAYUKI KOMURO  ソ連出身のヴァイオリニスト、ギドン・クレーメルが『ピアソラへのオマージュ』というディスクを出したのは1…

[2018.08]特集:日本の新しい室内楽2018 花岡 千春 〜洋楽受容期から第二次世界大戦…

文●小室敬幸 text by TAKAYUKI KOMURO 「日本の新しい室内楽」としては少し異色の切り口にみえるかもしれない。だが現在、アメリカの若いジャズ・ミ…

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 〜今聴くべき66枚〜①

2018年のワールド・ジャズの現在地を探るために、7人の世界各地の新しいジャズを日常的に掘っている方々と編集部で、今聴くべき66枚を選びました。  …

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 〜今聴くべき66枚〜②

●Dan Tepfer『Eleven Cages』(フランス・2017年)  クラシックや現代音楽と橋渡しを行えるようなジャズミュージシャンはこれまでも多く存在したが、…

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 〜今聴くべき66枚〜③

●Štěpánka Balcarová『Life and Happiness of Julian Tuwim』(チェコ・2017年)  Inner Spacesという好グループのリーダーとしても知られるチェ…

[2018.09]ペトロス・クランパニス 〜ギリシャ生まれの知性派ベーシスト

文●小室 敬幸 text by TAKAYUKI KOMURO  1981年にギリシャで生まれたペトロス・クランパニス。ニューヨークを拠点に活動する名うてのベーシストであ…