世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 世界で最も新しいジャズを聴いている男 Dave Summer インタビュー

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 世界で最も新しいジャズを聴いている男 Dave Summer インタビュー

──あなたの生い立ちとキャリアを経歴をおしえて下さい。 Dave Summer もっぱら古いジャズだけを聞く習慣でした。50年代〜60年代のバップ、スピリチュアルジャズも少々。その後の年代にはフリージャズや前衛的なジャズ。ある日、私は何人かの友達とでモダンジャズに注目する事に決めました。そうして毎週1枚新しい新譜を聞く事に専念しました。僕達は皆、新譜を聞く事にとても熱中して、そして私達がモダンジャズを聞くのに時間を費やしていたのは、かなり前の事です。  私はいくつかの異な

スキ
1
[2018.09]ウェイン・ショーターを支えるジャズ・ジャイアンツが目指すグローバル・ジャズ 「パナマの英雄」 ダニーロ・ペレス

[2018.09]ウェイン・ショーターを支えるジャズ・ジャイアンツが目指すグローバル・ジャズ 「パナマの英雄」 ダニーロ・ペレス

文●山本幸洋 text by TAKAHIRO YAMAMOTO  90年代半ば、ラテン・ジャズという音楽がようやく認知されてきたころ、出自の違う二人の若手ミュージシャンの動向が気になっていた。私と同世代のそのひとりはエディ・パルミエリの初来日に帯同したプエルトリコのサックス奏者ダビド・サンチェス。もうひとりがパナマのピアノ奏者ダニーロ・ペレス(1965年生まれ)。ディジー・ガレスピーが率いる国連オーケストラ(ディジーの死後、パキート・デ・リベラが引き継いだ)のメンバ

スキ
1