世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.11]特集 人生と音楽 〜挫折〜 宮沢和史

宮沢和史(音楽家)●THE BOOM解散後、充電期間を経て、2017年から歌手活動を少しずつ再開、本年11月末から来年初旬にかけて全国ツアー「時を泳げ魚の如く」を行う。沖縄芸術大学で非常勤講師も務める。 挫折…… 人はこの言葉を回避するために幼い頃から学び、知恵と力をつけてきたはずなのに早かれ…

[2018.11]特集 人生と音楽 〜学び〜 濱瀬元彦

濱瀬元彦●(ジャズ・ベーシスト)「濱瀬元彦E.L.F.Ensemble+菊地成孔」で音楽の新しい形を追求している。著作も多く、近著は『チャーリー・ パーカーの技法 インプロヴィゼーションの構造分析』(岩波書店)

[2018.11]特集 人生と音楽 〜誕生〜 江利川侑介

江利川侑介●ディスクユニオン・ワールドミュージック部門バイヤー。1983年東京生まれ。ときどきライター。試聴会の主宰、DJもときどき。  僕の場合、人生と音楽は切っても切り離せない。なぜならCDやレコードを売ることを生業にしているからだ。しかもブラジル音楽を中心としたワールドミュージッ…

[2018.11]特集 人生と音楽 〜家族〜高橋健太郎

高橋健太郎●1956年、東京生まれ。音楽評論家、音楽プロデューサー、レーベル&スタジオMemory Lab主宰。著書に『ヘッドフォン・ガール』(2015)、『スタジオの音が聴こえる』(2014)、『ポップミュージックのゆくえ』(2010) 「家族」というテーマを与えられて最初に思い浮かんだのはディー・ディー…

[2018.11]特集 人生と音楽 〜幸福〜齋藤 徹

齋藤 徹●(コントラバス・作曲) 舞踊・演劇・美術・映像・詩・書・邦楽・雅楽・能楽・西洋クラシック音楽・現代音楽・タンゴ・ジャズ・ブラジル音楽・ヨーロッパ即興・韓国の文化・アジアのシャーマニズム・ハンディキャップ表現者とのコラボレーションなど様々なジャンルと交流。コントラバスの国際…

[2018.11]特集 人生と音楽 〜希望〜中島ノブユキ

中島ノブユキ●NHK大河ドラマ『八重の桜』、映画『人間失格』『悼む人』の音楽を担当。畠山美由紀、菊地成孔らの諸作品に参加。またCM音楽等を手がける。ソロアルバム『エテパルマ』『メランコリア』『散りゆく花』等発表。近年はジェーン・バーキン ワールドツアーに音楽監督として参加し、全ての編曲…

[2018.11]特集 人生と音楽 〜食〜 船津亮平

船津亮平●WEB編集者。エスコーラ・ヂ・サンバ「ウニドス・ド・ヴィラドウロ」の打楽器隊の一員としてジョアン・カエターノ劇場出演経験やグルーポ・エスペシアル優勝経験がある。  音楽誌編集者⇨食メディアのウェブ編集者という経歴に編集部が忖度してくれたのか、ストレート過ぎるお題にいいじゃ…

[2018.11]特集 人生と音楽 〜学び〜 濱瀬元彦

濱瀬元彦●(ジャズ・ベーシスト)「濱瀬元彦E.L.F.Ensemble+菊地成孔」で音楽の新しい形を追求している。著作も多く、近著は『チャーリー・ パーカーの技法 インプロヴィゼーションの構造分析』(岩波書店)

200

[2018.11]特集 人生と音楽 〜出会いと別れ〜 今福龍太

今福龍太●文化人類学者、批評家。東京外国語大学大学院教授。巡礼型の野外学舎「奄美自由大学」主宰。著書に『クレオール主義』『ミニマ・グラシア』『群島 - 世界論』『レヴィ=ストロース 夜と音楽』『薄墨色の文法』『書物変身譚』『わたしたちは難破者である』『ハーフ・ブリード』『ブラジル映…

[2018.11]特集 人生と音楽 〜恋愛と失恋〜 林 伸次

林 伸次●1969年徳島県生まれ。レコード屋、ブラジル料理屋、バー勤務を経て、1997年にbar bossaをオープンする。2001年、ネット上でBOSSA RECORDをオープン。選曲CD、CDライナー執筆多数。『カフェ&レストラン』、『cakes』で連載中。著書に『バーのマスターはなぜネクタイをしているのか』『バーの…