世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.1]2020年ブラジルディスク大賞 関係者投票②

※関係者投票の内容を五十音順でご紹介します。 (カタカナ表記のものは国内盤として発売されています) ●谷口 洋

[2018.01]2017年ブラジルで流行った音楽

●noriji (Jornal Cordel 編集長) セルタネージョ系シンガーが上位の大半を占める やはり今年も各チャートでセルタネージョ系シンガーが上位の大半を占める結果に。ちなみに Spotify 再生回数トップアーティストは兄弟デュオの Matheus & Kauan で、特に「Te Assumi Pro Brasil」が人気。 Matheus …

[2020.01]メストリーニョと、 サンフォーナの普遍的サウンド

文●ヂエゴ・ムニス text by Diego Muniz  ブラジルで最もポピュラーな楽器のひとつであるサンフォーナ。その歴史は、ルイス・ゴンザーガ、ドミンギーニョス、シヴーカやエルメート・パスコアールといった北東部の偉大な音楽家とリンクしている。アーティスト達により、アコーディオンは大衆から批…

[2020.01]2019年ブラジルディスク大賞 関係者投票(noriji)

●noriji プロフィール●Jornal Cordel 編集長 / DJ。今年はトン・ゼー来日公演の歌詞翻訳も! Twitter @norijino

[2020.01]2019年ブラジルで流行った音楽①

●noriji (Jornal Cordel 編集長) 今年もセルタネージョとファンキの2強  今年も各ランキングでセルタネージョとファンキの強さは変わらず。キャッチーな歌詞のGabriel Diniz「Jenifer」は、「彼女の名前はジェニファーです」と日本語で突然投稿するブラジル人が続出するなど年始からSNSでも話題に…

[2020.01]2019年ブラジルで流行った音楽②

●noriji (Jornal Cordel 編集長) 多彩なコラボが目立つ  ここ2〜3年のジャンルを超えたコラボ曲リリースの流れは相変わらず。中でも目覚ましい活躍を見せているのは、バイーア出身だが特にファンキ・パウリスタがメインのJerry Smith。国内5地域、複数ジャンルの歌手とここ3年で共演した12本のPV(Y…

[2019.01]2018年ブラジルディスク大賞 関係者投票(noriji)

●noriji プロフィール●「Jornal Cordel」2代目編集長 / ライター、翻訳、DJ。日本人のライフにブラジルをインサートして楽しい世の中にコミットしたい。

[2019.01]2018年ブラジルで流行った音楽

●noriji (Jornal Cordel 編集長) 2強はセルタネージョとファンキ  各所ランクを見てもセルタネージョとファンキの2強は例年通り。中でもビルボードブラジルチャートで圧倒的な存在感を示したのがGusttavo Lima。「Apelido Carinhoso」は14週、「Zé da Recaída」は11週連続(11月末現在)首位獲得…

[2018.11]アムレット・スタマット 現代サンバジャズ、ジャズボッサの 人気ピアニスト…

文●noriji(Jornal Cordel編集長) text by noriji (Editor-in-chief of Jornal Cordel) ── 最初に音楽にふれたのはいつ頃でしたか? どんな音楽を聴くのが好きでしたか? アムレット・スタマット 覚えている限りでは、3歳の頃にはもう歌うことが好きだったと思います。そのあとリコーダーを吹…