世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2018.12]〈最新ライヴレポート〉ヴィラ=ロボスとピシンギーニャとジョビンを包括する
音楽的宇宙をつくりだすエグベルト・ジスモンチ
クアルテートでブラジル音楽探求を行なった公演

[2018.12]〈最新ライヴレポート〉ヴィラ=ロボスとピシンギーニャとジョビンを包括する 音楽的宇宙をつくりだすエグベルト・ジスモンチ クアルテートでブラジル音楽探求を行なった公演

文●ヂエゴ・ムニス text by Diego Muniz  11月、チケットが発売後すぐ完売したサンパウロ2日間の公演で、エグベルト・ジスモンチは新しいクアルテートのお披露目をした。テアトロ・セスキ・ベレンジーニョは、エグベルトのギターとピアノと、グラジイ・ヴィルチのヴォーカル、ハファエル・マルチニのアコーディオン、そしてフェリピ・ジョゼーのチェロとの共演の場となった。  ジスモンチは「Mestiço Caboclo」そして「 Dança das Cabeças」のギ

2